視覚汚染:原因、結果、解決策

視覚的汚染とは、特定の領域の視覚化影響与えたり混乱させたり、景観の美学を壊したりするすべてのことです。 残念ながら、大都市と農村地域の両方で、この問題にますます直面しています。 人間の脳には、絶えず変化している景観内の膨大な量の「不自然な」要素が超えるデータを吸収する一定の能力があります。 色、光、形の過剰な情報は、脳が適切に処理できず、最終的には、一部を無視し、多くの情報をメモリに保存します。 目の健康から脳の健康まで、これはすべて私たちを傷つけ、緊張さえ変えてストレスを生み出しますが、これらはこの種の汚染の結果のほんの一部です。 では、 視覚汚染、その 原因、結果、および可能な解決策について説明します。 さらに、非常に明確な視覚汚染の例も詳しく説明します。

視覚汚染とは:定義と例

冒頭で述べたように、 視覚汚染定義は、深刻な視覚的影響があり、景観や環境の視覚化を妨げ、さらには深刻な影響を与える可能性があり、したがって、残りの時点での脳の状態です脳は常に多くの情報を受信するためです。

視覚汚染:例

視覚的汚染の例としては、ロンドンや東京などの大都市での大量の広告看板、電線、アンテナ、電柱などがあります。

これらのすべての要素は、汚染ガスなどの廃棄物を排出しないため、それ自体を汚染しない可能性がありますが、過剰な使用、場所、サイズなど、すべての要素が人間によって配置され、要素またはさまざまな状態や障害を引き起こす視覚的な方法での汚染物質。 この他の投稿では、視覚汚染の多い都市の例をもっと見ることができます。

さらに、視覚的な汚染の多くは、光の汚染または過剰な光で構成されています。 ここでは、光汚染についてすべて説明します。定義、原因、結果です。

視覚汚染の原因

視覚的汚染の定義といくつかの例を見てきたので、視覚的汚染の主な原因を1つだけに減らすことができると便利です。それは、人が環境で人工要素を過剰に使用することです 。 より具体的な視覚汚染の例と、あなたの人生のある時点で日々過剰に見つかることが確実ないくつかの例は、以下であり、視覚汚染の原因と考えることができます:

  • 看板
  • 航空交通
  • 配線付きの電柱。
  • テレビアンテナ
  • 衛星放送受信アンテナ
  • 避雷針
  • ゴミや埋め立て。
  • 落書き
  • 破損した建物。
  • 配電網
  • 過剰な交通標識。
  • クリーンエネルギーを生成するが、ある意味では自然なシナリオである風車。 これは、自然に囲まれた環境での視覚的な影響の明確な例です。

視覚汚染の主な結果

視覚汚染にどのように影響しますか? 真実は、それが我々が最初に考えている以上に影響するということです。 実際、その結果は多様であり、かなり気になるものもあるので、視覚汚染の主な結果をよく理解し、それを認識し、日々最大限に回避するようにしてください。

  • 影響を受ける景観美学。
  • 効率が低下します。
  • 頭痛
  • 機嫌が悪い
  • 要素と色の飽和によるストレス。
  • 注意障害
  • 神経系の変化。
  • 運転中の視覚障害による事故。

これらは、このタイプの汚染によって生じる視覚的影響の結果のほんの一部の例ですが、より間接的な方法で生成されるものもあります。

視覚汚染の可能な解決策

私たちの視力だけでなく、脳や中枢神経系全体に影響を与える視覚汚染の解決策には、とりわけ次のものがあります。

  • 私たちは過剰な広告の世界に住んでいるので、広告の量を減らしてください
  • 合理的な都市規範をフォローアップし、攻撃的な要素や充電された要素を避けます。
  • この点で健康を促進するために、都市計画の規則と法律を改善する。
  • 消費主義の少ない生活様式を選ぶ。
  • 意識を高め、この問題が存在することを最年少に教育します。通常、この問題はほとんど気付かれずに研究され続け、将来的には遠くないことを望み、視覚汚染のより多くの解決策が見つかります。

おそらく、大気汚染や水質汚染など、他の人々の深刻な状況を考えると、視覚的汚染は最も深刻なものの1つではないようです。 しかし、その周りの人々は遅かれ早かれ、上記の結果のいくつかを感じ始め、すべての健康が非常に変わったので、この状況を改善するために何かを試みることは価値があります。

視覚汚染:原因、結果、および解決策に類似した記事をもっと読みたい場合は、汚染カテゴリを入力することをお勧めします。

推奨されます

乾燥機に犬を慣れさせるには?
2019
ベストホーム獣医
2019
フェレス病院獣医
2019