原子力が環境と人間に与える影響

生産のある時期または別の時期に、あらゆるエネルギー源が環境に影響を及ぼします。 再生可能エネルギーを超えて、原子力エネルギーは温室効果ガスを排出しない唯一のものですが、それらを排出しないということは、環境に影響を与えないという意味ではありません。

原子力の利点の中でも、最も経済的で効率的なものの1つであり、大気にガスを送ることなく大量の電気を作り出すことがわかります。 しかし、核エネルギーは、ほんの数十年で発生した事故に例証されるように、潜在的に非常に危険なままです。

原子力エネルギーが環境と人間にどのように影響するか知りたいですか? 次のグリーンエコロジーの記事では、それについて説明します。

原子力:短い定義

核エネルギーは、原子の核のエネルギーであり、物質を分割できる最小の粒子です。 原子の核には、陽子と中性子の2つの異なる粒子があり、これらは核エネルギーによって結合されています。

核技術は、 その核エネルギーを他の形のエネルギー変換することを可能にするものです。 たとえば、原子力発電所は、原子力エネルギーを電気エネルギーに変換できる場所です。

しかし、どうやってそのエネルギーを原子核に存在させることができますか? 現実には、それを行うには2つの方法があります。

  • 核分裂 :原子の核の分割。
  • 核融合 :2つの異なる原子の核の融合。

例は、太陽によって生成され、熱と光の形で地球に到達するエネルギーです。このエネルギーは、2つの異なる原子の融合の結果です。 しかし、私たちが持っている技術では、これらの反応を原子力発電所で再現することは非常に難しいので、今日、発電所で行われているのは核分裂です。

事実、これら2つの反応のいずれかが発生すると、核融合と核分裂の両方で、原子はいくらかの質量を失い、 その質量が失われると、熱エネルギー 、つまり熱になります。 しかし、今日、私たちはまだプラントで核融合を行うことができないので、それらはすべて核分裂プロセスを使用します

このため、原子炉の大多数はウランを燃料として使用していますが、ウランだけでなく濃縮されています。 強化プロセスは、より不安定になるように実行されるため、コアの分割が容易になります。 ウランの埋蔵量は限られており、これがプラントの主要な燃料であるという事実は、原子力エネルギーが再生可能エネルギーではないことを意味します。

原子力が環境に与える影響

原子力に反対する人が非常に多いことや、世界中で多数の環境団体が互いに反対していることは偶然ではありません。 以下では、核エネルギーが環境に与える影響について説明します

CO2排出量

環境への原子力の影響を議論する際、その支持者はしばしば、他のタイプの発電所とは異なり、原子力発電所は温室効果の主な原因の一つである二酸化炭素を放出しないと主張します。 現実には、火力発電所に比べてCO2排出量ははるかに少ないのですが、その製造プロセスでは、特にウランを除去してプラントに持ち込むときに二酸化炭素が排出されます。

水利用

原子力発電所には、危険な温度に達するのを防ぐために、冷却として機能する大量の水が必要です。 この水は川や海から取られ、何度も引き起こされ、水とともに海洋動物が入ります。 水は冷蔵に使用されると、その環境に戻されますが、温度は高くなります。 これにより、海洋の温度が変化し、それらの水域に生息する植物や動物が死滅する可能性があります。

起こりうる事故

現実には、原子力発電所で発生した事故はほとんどありませんが、それらのそれぞれは、人間と生態の両方の巨大な大災害です。 これらの事故の最も明確な例は、1986年にチェルノブイリで発生したもので、2011年に福島の日本の発電所の世代に揺れ動きました。このタイプの事故があることは低いですが、その壊滅的な結果のため、0以外のリスクはすでに大きすぎます。 さらに、福島の事故を引き起こした津波や、それらがテロ攻撃の標的である可能性など、私たちの制御が及ばない要因がある場合には。

原子力発電所でこのタイプの事故が発生すると、放出される放射線レベルは、被ばくした植物、動物、または人にとって致命的です。 この放射線の強度のレベルに応じて、短期、中期、または長期の影響は致命的であり、たとえば奇形や腫瘍を引き起こします。

壊滅的な結果について話すとき、それは誇張ではありません。これらの事故の大きさは、数十年後まで世界的なバランスをとることができないほどです。 さらに、それは最も近い地域に影響を与えるだけでなく、放射性雲は空気または水を数千キロも移動する可能性があります。

核廃棄物

しかし、起こりうる事故を超えた原子力エネルギーの主な問題は、非常に小さなものですが、生成された廃棄物、つまりこのタイプの生産に固有の廃棄物です。 核廃棄物は、放射能でなくなる前に数千年を経て、惑星の動植物に潜在的な危険をもたらします。 今日、彼らは核墓地に閉じ込められており、地下や海底で私たちを密閉し、断熱しています。 問題は、これらの廃棄物の放射能の期間が「保護ボックス」の寿命よりも長いため、短期的な解決策であり、決定的なものではないことです。

次の記事では、2011年の日本の地震と津波の影響について説明します。

原子力が人間に与える影響

原子力事故が発生すると、植物の制御された放射線は外に出て、動植物、そして明らかに人間に影響を与えます。 放射線は、他の汚染物質とは異なり、臭いがしたり見られたりすることはありませんが、健康を損ない、数十年にわたって残ります[1]。

原子炉の核には、60以上の放射性物質があります。 これらは私たちの体の生物学的要素に非常に似ているため、それらが蓄積して破壊的な影響を引き起こします。 これらの要素の中には、ライフサイクルが非常に短いものもありますが、長期間存続できるものもあります。

私たちが言った60以上の汚染物質のうち、人間に最も影響を与えるものは3:ストロンチウム90、セシウム、ヨウ素です。 どの組織に影響を与えるかによって、その結果はどちらか一方になりますが、明らかなことは、体内に入ると細胞を破壊し、DNAを損傷することです。 したがって、 核エネルギーが人間どのように影響するかという質問に対する答えは次のとおりです。

  • それは遺伝的欠陥を引き起こします。
  • この腺はヨウ素を吸収するため、がん、特に甲状腺を引き起こしますが、脳腫瘍と骨がんも引き起こします。
  • 骨髄の問題は、白血病または貧血を引き起こします。
  • 胎児奇形
  • 不妊症
  • 免疫システムを弱め、感染のリスクを高めます。
  • 胃腸の問題
  • 精神的な問題、特に放射線不安。
  • 高濃度または長期の濃度では、死を引き起こします。

「原子力が環境と人間に与える影響」に類似した記事をもっと読みたい場合 、再生不可能なエネルギーのカテゴリに入ることをお勧めします。

参照資料
  1. //www.rtve.es/noticias/20110313/radiacion-no-se-ve-ni-se-huele-pero-efectos-duran-anos/416548.shtml

推奨されます

黒猫の特徴
2019
犬用ワクチンの副作用
2019
製品が生態学的であることを知る方法
2019