犬に銃口を使用する場合

犬のファイルを見る

犬に銃口を使用するタイミングを知っていますか? 銃口は、動物が口を攻撃したり開いたりするのを防ぐために、特定の方法で保持された犬の顎を保持するシステムです。 しかし、銃口を使用するのは正しいですか? それは私たちが自分自身を見つけた場合に依存します。

milanospettacoli.comのこの記事では、銃口に関連するすべての答えを見つけることができます。銃口は、「攻撃的な犬」などの不適切な言葉の手から常に得られるため、同時に既知および未知のツールです。

犬が銃口を使用するかどうかを確認します。

法律による銃口の使用

潜在的に危険な犬(PPP)の法律に従って、スペイン政府は、特定の人種または身体的特性により、犬が以下を含むいくつかの要件満たす義務を負うと判断しています

  • チップの埋め込み
  • 所有者のライセンス
  • 民事責任保険に加入する
  • 公共スペースでのベルトと銃口の使用

Law 50/1999に含まれるレースは、たとえば、ピットブルテリア、秋田犬、ブラジルロウなどです。 milanospettacoli.comでは、犬がこのツールの使用を必要とするかどうかを判断するのは飼い主である必要があるため、銃口の使用はすべての場合において必須ではありません。

そのため、現在、世界中の根拠のない偏見で銃口のある犬を見ることがあります。これは、社会の傾向として、多くの場合偽りの犬であると考える傾向があるためです。

一般に、PPPと見なされるレースはコロンビアまたはベネズエラのスペインと同じですが、各コミュニティ、地域、または町が自由にリストを追加または変更できることに注意することが重要です。私たちのペットはこのPPPです。

さらに、この法律は、シェルターに住むペットのイメージと、必要な複数の要件を採用するのに何年もかかるシェルターのイメージを損ないます。

犬にとって最高の銃口は何ですか?

あなたの犬に使用できる銃口にはさまざまな種類があります:布、バスケットタイプ、ループ...間違いなく最も推奨されるのは、犬が水を飲んで賞品を受け取ることができる息をのむことができるため、バスケット銃口です。

銃口は不安や不快感に苦しむことを避けるために動物にとって快適であるべきツールであることを理解することは非常に重要です。 また、マズルを順を追って使用することに慣れることが不可欠です。

銃口の他の用途

公共交通機関

多くの国では、飼育されている品種関係なく、彼らと他の人々の安全のための予防手段として銃口を使用している場合、動物の公共交通機関が許可されます。

トレーニング

多くの人が「ループ」マズルやトレーニングに頼って、犬がたくさん引っ張ったり、一緒に歩いたりするのを防ぐなどの行動を修正します。 ただし、milanospettacoli.comでは、常に積極的な補強を使用し、 アンチショットハーネスを使用してベルトを引っ張る問題を解決することをお勧めします。

ストレスのかかった犬や過度に神経質な犬は弓銃口の使用から利益を得られないことを理解することが重要です。動物の福祉を促進する他の技術に頼ることが望ましいです。

反応性犬

あなたの犬がその種の他のメンバーと特に社交的でない場合は、将来深刻な問題を避けるために銃口を使用することを強くお勧めします。 もちろん、銃口を定期的にチェックして、破損していないことを確認してください。

銃口を使用しない場合

次の場合には銃口を使用しないでください。

  • 監視なし
  • 分離不安を治療するには
  • 非常にストレスの多い犬
  • ユニークな瞬間(獣医など)
  • 罰として

犬と銃口の使用に問題がある場合は、遠慮なく犬の教育者に相談して、適切に使用してください。

犬に銃口を使用する場合に似た記事をもっと読みたいですか? 、動物界の「好奇心」セクションに入ることをお勧めします。

推奨されます

ミラー工場の手入れ
2019
子供のための地球の好奇心
2019
ベルギーの羊飼いマリノアの世話
2019