犬の精神安定剤-各ケースに応じた推奨事項

犬のファイルを見る

milanospettacoli.comによるこの記事では、犬用トランキライザーの使用が使用される一般的なケースを確認します。 説明に進む前に、獣医の処方箋なしに犬に薬物を提供してならないこと明確にする必要があります。なぜなら、私たち人間に役立つ有効な原則は犬に仕える必要がないからです。 場合によっては、これらは有毒であり、死に至る可能性があります。

とはいえ読み続けて、あなたが苦しんでいる問題に応じて最高の犬の精神安定剤を発見しください。

犬と一緒に旅行する精神安定剤

これはおそらく、介護者が犬のために精神安定剤を必要とする最も一般的な状況であり、主に一部の犬によって喜んで受け入れられない通常の自動車旅行でです。 彼らは非常に緊張し、落ち着きがなく、泣き、車から出ようとし、唾液分泌過多になり、時には肛門腺を空にします。

これらの動きに動物を慣れさせる時間がない場合、または緊急に移動する必要がある場合は、獣医に頼って、犬の体重に応じて、 落ち着く薬を処方することができます。 これらは出発前に管理され、例外として、数時間犬を落ち着かせたり、眠りさえさせます。 それらは時間どおりに使用されます。

犬をこの輸送手段に適応させるには、犬と一緒に車で旅行するためのヒントをお見逃しなく。

不安のある犬のための精神安定剤

このセクションでは、 分離不安に苦しんでいる犬が見つかります。彼らが一人でいるとき、泣いたり、kえたり、遠ぼえしたり、手の届くところにある物体を破壊したり、家の中で排尿したり排便したりする原因となる障害です。 このような状況では、犬は苦しみますが、飼い主や近所の人たちも、usuallyえ声と絶え間ない騒音のために苦情を訴えます。 これらのケースで不安のある犬の精神安定剤を投与する誘惑は非常に高いですが、特定の状況では役立つことがありますが、問題を解決することはできません

高齢犬用の鎮静剤

私たちのパートナーが彼の人生の終わりに近づいたとき、彼は私たちに犬、鎮静剤または鎮痛剤に精神安定剤を使用する必要性を考えさせる変化を提示することができます。 これらの動物に薬を投与することは可能ですが、獣医の評価の後、必ず禁忌よりも利益が大きいことを考慮してください。すべての薬物は腎臓または肝臓によって代謝される必要があり、高齢の犬ではこれらは珍しいことではありません臓器が機能し始めました。

一方、自然な高齢犬用の精神安定剤を投与することもできますが、これも、最も適切なものを推奨するのは専門家でなければなりません。 高齢犬用の自然な鎮痛剤の中で、バレリアンは際立っており、ドロップまたはピルの形で購入できます。

精神安定剤を必要としない問題

犬は不適切な行動に起因する問題を引き起こすことがあり、介護者は迅速な解決策を要求するため、犬の精神安定剤を要求します。 しかし、犬がたくさんbarえること、高エネルギーまたは噛みつきがあることは、錠剤では解決されません。 したがって、 攻撃的な犬や神経質な犬用の精神安定剤や、過度にbarえる犬用の精神安定剤はありません。これらの行動は錠剤を投与しても解決されないという意味です。

犬の不必要な行動誘発してそれを修正する原因を見つける必要がありますが、主に、彼らのニーズを満たすために適切な条件を提供することを確認する必要があります。 したがって、これらの状況を解決するには、行動の専門家に頼らなければなりません。

その他の犬の精神安定剤

犬の精神安定剤について話すとき、私たちは通常丸薬について考えますが、真実は市場で心を落ち着かせる効果のある異なる製品を見つけることができるということです。 彼らは行動上の問題を抱えている犬の助けになる可能性がありますが、結果を得るには専門家と合意した措置を講じなければなりません。 それらは、変化に対する犬の適応を促進するために処方されます。 これらの製品の一部は次のとおりです。

  • 私は考えると報酬 :不安、ストレスや睡眠を調節するのに役立つ成分で。 それらは、変更を準備するために事前に発生し始めることができます。 飼料はすべての犬が摂取できるわけではないため、獣医が常に処方する必要があります。
  • なだめるようなカプセル :変化を予期して犬を落ち着かせるためにも使用される栄養補助食品。
  • 抗ストレスカラー :犬がストレスや恐怖の変化や状況に対処するのに役立つ緩和フェロモンが含まれています。 濡れると機能せず、皮膚病変のある犬には装着できません。
  • ディフューザー :彼らはまた、犬のためにリラックスしているホルモンを放出することによって行動します。
  • バッハの花 :科学的証拠はプラセボよりも効果はありませんが、真実は、直接または水で投与できるこれらの花のエッセンスは、その効果を支持する多くの証言を持っているということです。 いずれにしても、副作用はありません。

さらに、前のセクションで説明したvalerianも持っていることに注意してください。 また、心を落ち着かせる製品がない場合は、犬、愛ses、穏やかな声の使用のために、いつでもマッサージやリラクゼーションエクササイズに行くことができます。 もちろん、 各問題を理解して適切に処理することは、動物を感情的に安定させるための基礎です。 すでに述べたように、犬に精神安定剤の錠剤を投与することは解決策ではありません。

この記事は単なる参考情報であり、milanospettacoli.com.comでは獣医治療を処方したり、何らかの診断を下したりすることはできません。 獣医師が何らかの症状や不快感を示した場合に備えて、ペットを獣医に連れて行ってください。

各ケース応じた犬のトランキライザー-推奨事項に類似した記事をもっと読みたい場合は 、「その他の健康上の問題」セクションにアクセスすることをお勧めします。

推奨されます

ジャーマン・シェパード犬の名前
2019
フレンチブルドッグは何匹の子犬を飼うことができますか?
2019
アリを追い払う方法は?
2019