なぜファッションにエコロジーがあるのですか?

エコロジーは流行しています。 それは集合的な狂気ではなく、なぜ私たちをだますか、しかし緑熱はその引き力があり、専門家はそれがとどまるようになったファッションであると言います。 愛のように、緑の味も空中にあり、社会的に受け入れられており、急ぐことなく一時停止することなくトレンドが成長しています。

しかし、環境保護が比較的新しい動きであり、前進することがまだまだあると考えると、 グリーンが空中にあるということは、揮発性で表面的なものがたくさんあります。 とりわけ、私たちが動いている文脈では、野生の資本主義とグローバリゼーション、両方とも生態学的実践の敵に激しく賭けているこの社会です。 エコロジーが流行している理由をお伝えします。

なぜトレンドなのですか?

しかし、輝くものはすべて金ではなく、その生態学的な狂気はデリカテッセンとイノベーション市場に大きく関係しており、生態系運動の真の本質であるコアにはあまり関係していません。 要するに、それはさまざまな動機に従うファッションであり、それらの多くは、 持続可能性 、環境と人々の健康を支持する選択肢としての生態学の真の意味とは何の関係もありません。 したがって、彼らにはしばしば欠けている強力な倫理的要素があります。

原因は非常に多様であり、オーガニック消費者のプロファイルは一部で異なりますが、製造業者またはサービスプロバイダーの一部と、他の当事者、それらの消費者、ユーザー、および市民全般に関する懸念の両方について、その真の意味が欠けていますおよびその他の社会。

たとえば、スペインでは、オーガニック製品の消費者のかなりの割合が、環境意識の外の関心によって、および/またはより健康的なライフスタイルに賭けようとしています。 とりわけ、彼らはより本物のフレーバー、異なる品質の製品を探しています。 実際、プリマは、より高品質で異なる体験を提供するグルメ製品の消費です。

他の国では、気候変動の防止、汚染の削減、リサイクルまたは再生可能エネルギーへの投資の観点から環境への配慮だけでなく、倫理的な部分に関しても、 生態学的な価値購入決定においてより重要です。 。 それが、菜食主義と生態学に多くの共通点がある理由です。

しかし、オーガニック製品にはめったに手頃な価格がありません。 これは、その正規化に対する重要な障害です。 グリーンライフスタイルに精通し、認識し、コミットすることによってのみ、バイオ、エコ、オーガニックを食べることの重要性、包装の削減、エネルギー消費の効率化、持続可能なモビリティ、 廃棄物削減などの優れた実践を実行することの重要性を理解できます二酸化炭素排出量を削減するための日常的なジェスチャー。

より高い価格は、都市庭園、共同経済、または例えば消費者グループなどの生態学的イニシアチブを通じて戦うことを意図しています。 この意味で、エコロジーは流行しています。なぜなら、予算を使い果たすことを意味することなく、起源に、自然に戻りたいという欲求があるからです。 順番に、私たちは窒息する都市生活を緑に塗ろうとします。これが緑が求められるもう一つの理由です。

それ以外の場合、オーガニック市場自体は法外で面白くありません。 例外として、購買力がより高い国の場合と同様に、エコロジーファッションは、環境に対する真の取り組みの兆候として、グリーン製品とサービスを実際に要求し、消費する市場に対応します。 これらの場合、地球を救い、健康を守ることは強力なエンジンです。

しかし、スペインでは、 オーガニック食品の需要は依然として少数派であり、1%を超えていませんが、今後10年間で持続的な成長が見込まれます。 このように、この前提は、製造業者が見逃したくないというビジネス上の期待を生み出します。

同様に、強力なビジネス競争力は、市場の爆発的成長を約束するニッチを引き起こします。したがって、市場は常に新しいものに飢え、差別化して注目を集め、現金を稼ぎます。 この意味で、経済は社会的関心を喚起し、これはファッション、食品、建設、装飾、再生可能エネルギー、自動車、あらゆる種類のクリーニング製品、アクセサリーなど、最も異なる分野のビジネスと同義です。 。

地球を救う

環境団体や保護主義者による真の野barな人間の慣行の非難は、 生態学が流行する別の理由です。 彼らは、惑星の劇的な搾取、惑星の資源を破壊している虐待を非難します。 汚染、乱獲、ロープに対する種、それらの多くはすでに絶滅している、違法動物取引、森林破壊、化石燃料の抽出と使用の結果としての環境災害、自然地域を殺すセメント海洋、温室効果ガスの排出彼らは毎年何百万人もの人々に致命的です...

エコロジストは、救いの表、新鮮な空気の風、より良い世界の希望に開かれた窓を表しています。 彼らは声を上げることで結果を得ることができることを示した最初の人であり、彼らはそれを続けています:抗議、成功の獲得、失神せずに何度も上昇し、落胆することはできません...彼らの例、彼らが表す機会不正に反対し、 ビジネスマン、政治家、市民に新しいやり方を提案することも、エコロジーが楽しく流行している理由です。

市民による環境への支援は、楽しい時間を過ごします。 彼らのイニシアチブの社会的受容は、NGOに対する支持の高まりにつながります。 数年前に彼らの行動が犯罪者よりも少し少ないように思えた場合(グリーンピースまたはPETAが彼らの多くに主演しました)、今、彼らは別の考慮事項を持っています、そしてそれはエコロジーの傾向と大いに関係しています。 もちろん、彼らはそれをファッショナブルにするために大きく貢献しました。

非政府組織が社会にへこみを作ったのは、おそらくそうする必要があったからであり、彼らが脱出弁として行動するかどうかにかかわらず、真実は彼らの行為が革命的であるということです。 一方で、彼らのおかげで現状は維持され続けていますが、他方では、その胚芽がシステムによる望ましくない効果を引き起こす可能性があります。 そして、それは終わりの始まりになるでしょう...

エコロジーはなぜファッションなのか 」に似た記事をもっと読みたいなら 、その他のエコロジーのカテゴリに入ることをお勧めします。

推奨されます

マンレサのエキゾチックな動物のための最高の獣医
2019
自宅で食べ物を節約する方法
2019
さまざまな灌漑システムの特徴
2019