犬と一緒に自転車で歩くためのヒント

犬のファイルを見る

犬と一緒に自転車で散歩に行くことは、一緒にスポーツをするための素晴らしい方法です。 自転車を走らせたいなら、これはカニクロスに代わる素晴らしい選択肢ですが、多くのエネルギーと活力を備えた犬がいますが、慣れるには適応期間が必要です。

サイクリングが好きで、その瞬間を親友と共有したい場合は、milanospettacoli.comで提供する自転車犬と一緒に歩くための次のヒントをお見逃しなく。

適応期間

記事の冒頭でコメントしたように、自転車で犬と散歩を始めて長い遠足を始める前に、次のように適応期間を彼と働かなければなりません。

最初の連絡

友人とサイクリングすることは非常にやりがいのあることですが、犬にとって自転車は異物になる可能性があることに留意してください。 犬と一緒に自転車に乗る前に、彼女が彼女を嗅ぎ、研究し、彼女を見て、行って、彼女を自分のペースで無理やり彼女と知り合うことが重要です。

サイクリングを開始

忍耐が鍵となります。 犬や自転車と一緒に散歩に行くことをお勧めしますが、乗らないで、そばで歩くことに慣れるようにしてください。 あなたがそれに慣れたら、私たちは自転車に乗って、 近距離でゆっくりと旅を始めます。 動物の状態を常に考慮に入れなければならないことを忘れないでください。

自転車で犬と一緒に歩くための最善のヒントの1つは、自転車で曲がるときに曲がる特定の順序を教えることです。

日が経つにつれて、犬が耐えられる限り、速度を徐々に上げることができます。 彼らは遅れをとらないようにもっと大きな努力をしなければならないことに留意してください。

自転車で犬と散歩するためのヒント

犬と一緒に自転車で歩く際の推奨事項とヒントを次に示します。

  • 犬は、散歩を始める前に自分のニーズを満たしている必要があります。このようにして、突然の停止を回避します。
  • 常に交通量から自転車を保護するために自転車の右側を歩く必要があります。
  • あなたは彼らの足のパッド注意する必要があります、アスファルトは非常に研磨性であり、特に暑い日にそれらを損傷する可能性があります。 小傷を見つけた場合は、アロエベラで治療できます。 寒さや熱から動物を守るパッド用の特別なワックスを購入することを防ぐことができます。
  • 常に新鮮な水を運んでください。
  • 疲れを感じたら休憩を取り、犬を無理に押し込まないでください。
  • クロスオーバーを避けてストラップの上を走るには、常にストラップで縛って着用してください。
  • 運動の2時間前にが何も食べていないことを確認してください。 私たちが終わったら、彼を養うためにさらに1時間待たなければなりません。
  • ボディハーネス縛られは、頸部の怪我を引き起こす可能性があるため、ネックストラップを使用しないでください。
  • この種の運動は犬の関節に大きな影響を与えるため、定期的に行う場合は、問題を回避するためにそれらを観察し、獣医に行く必要があります。 病気を防ぐために、関節にビタミンを投与できます。

安全に歩くための記事

犬と安全にサイクリングするための特別な綱とバスケットがあります。

  • アダプター 通常のベルトでは、車輪やペダルの間に絡まる可能性があるため、問題が発生する可能性があります。 これは、アダプターを使用して回避できます。 自転車に適応し、引っ張るのを避けながら犬を安全な距離に保つ堅固なシステムです。
  • 特別なバスケット 犬が小さすぎて自転車に縛られない場合は、犬と一緒に散歩に出かけることをあきらめる必要はありません。 バイクの飛び出しを防ぐための安全ストラップ付きの自転車の前面に置く特別なバスケットがあります。
  • トレーラー 大きな犬を飼っていても、年齢や身体的問題のために自転車に沿って歩くことができない場合は、特別な犬用トレーラーを自転車に固定できます。
  • 犬と散歩するための特別な自転車 。 正面には犬用の十分なスペースが設けられた自転車があり、犬用のバスケットを保持する三輪車のように構成されています。

記事に記載されている手順に従って、犬と一緒に自転車で安全に歩き始めますが、何よりも、両方のエクササイズをポジティブで楽しい体験に変えてください。

犬と一緒に自転車歩くためのヒントに類似した記事をもっと読みたい場合は、スポーツセクションに入ることをお勧めします。

推奨されます

犬の基本的な注文
2019
モルモットの禁止食品
2019
バスクの犬の名前
2019