犬は服が必要ですか?

犬のファイルを見る

着替えるという事実は数年前から標準化されており、異なるモデルの服を着た犬をどこでも見ることは珍しくありません。 犬のファッションは、ますます多くのデザイン、プリント、素材、機能性を提供する新興セクターです。 しかし、本当に、 犬は服が必要ですか? milanospettacoli.comによるこの記事では、天候に対する保護の観点から犬のニーズを検討し、この質問に答えて、この問題を検討します。

犬は避難所が必要ですか?

犬に服が必要かどうかを知りたい場合は、さまざまな要因を考慮する必要があります。 原則として、犬は環境に完全に適応した動物であり 、皮膚を損傷から保護することに加えて、極端な温度、高温および低温から保護するコートを備えています。 しかし、犬を特徴付ける何かが人間とのリンクです。 この関係は、犬の異なる品種を生じさせる、彼らの身体的特性の大きな変化の原因となっています。 この多様性は、その世界的な分布とともに、たとえば、毛のない犬、暖かい地域に生息する密なマントルを持つ犬、または逆に、低温に耐える寒い気候に適応しない犬を見つけます。

したがって、犬を保護する必要があるかどうかを自問すると、自然な反応は否定的であるはずですが、現実には多くの犬は特定の状況 で衣服保護を高く評価します。

犬はいつ保護されるべきですか?

犬は 、次のような状況で衣服が必要になります。

  • 毛のない犬 、またはさまざまな理由で体のかなりの部分に毛のない犬は、火傷を負う可能性があるため、寒さだけでなく熱からも保護する必要があります。
  • 年齢や病気で最も傷つきやすい人は、歩行をさらに保護することができます。
  • 寒さに加えて、 雨に衣服を使用することは、犬を保護し、帰宅時に乾燥を促進するための別のオプションです。 は寒さを増すので、冬に犬を保護する方法を知りたいかどうかを考慮するもう1つの要因です。 この意味で、この衣服は十分な保護を提供するのに十分な耐性のある素材で作られているため、雨と風の両方の場合にレインコートを選択することが重要です。 犬をセーターで覆ったり、雨で通常のジャケットをかぶせたりすると、水が浸透し、風邪をひく可能性があります。
  • 雨や雪の場合にもブーツを着用することができます。
  • もちろん、犬が寒さを感じる兆候を示している場合、揺れたり家を出るのを拒否している可能性がありますが、暖かい服が必要であることは確かです。
  • 最後に、衣類に加えて、快適なベッドを用意することを忘れないでください。屋外の場合は、風通しの悪い場所、屋根付きの保護された場所、濡れた場合は十分に乾燥した場所を提供してください。

冬に犬を保護する方法は?

前のセクションで述べたように、冬の間は多くの犬が寒くなり、したがって余分なコートが必要になるのが一般的です。 これは、小型犬、毛のない犬、または非常に短い髪の犬の場合です。 ただし、冬には寒くなりがちで、雪や雨の可能性が高い場所に住んでいる場合はレインコートを使用する傾向がある中型または大型の犬の前にいることに注意することが重要です。

上記のいずれの場合でも、冬に犬を保護する方法を自問すると、いくつかの可能性があることを知っておく必要があります。 散歩には、 レインコート 、防水ジャケット、または寒さの侵入を防ぐ断熱材の使用をお勧めします。 私たちが見つけることができる犬の服のいくつかのブランドがありますが、その製品、特にそのレインコートの品質のために他のものよりも際立っているものがあります。 これは、最も過酷な気象条件から保護することができる犬用スーツの作成を専門とするフィンランドの会社、Hurttaです。 これらの製品を購入するには、ブランドの唯一の公式ポイントであるTelepienso.netをお勧めします。

家の中では、家の温度や動物が覆う毛布があるかどうかに応じて、冬にセーターやシャツで犬を保護することができます。

犬の服、最高の選び方?

犬に衣服が必要であると結論付けた場合、寒さから犬を保護する方法を知るために、犬の衣服に次の特性を探す必要があります

  • このセクターとの最初の接触である場合、これらの衣服は診療所のセクションで販売されるのが一般的であるため、獣医自身である可能性のある売り手からアドバイスを受けることが最善です。
  • 最初に留意しなければならないのは、さまざまなサイズに対応することです。そのため、犬の測定値をよく取るか、売り手が服を試着することを許可することが重要です。 動きが妨げられないように、適切なサイズを選択する必要があります。
  • 衣服の目的は保護ですが、 快適さは依然として重要であり、美学よりも優先されるべきであるという事実を見失うことはありません。
  • 私たちが話すことの快適さは、犬と私たちの両方のためでなければならず、私たちは衣服を簡単に着たり外したりできなければなりません。 この意味で、レイヤータイプのピースは、脚の挿入を必要とするものよりも便利です。
  • 実用的には、洗濯のしやすさを考慮し、洗濯機での洗浄と特定の汚れの除去の両方の可能性をチェックする必要があります。迅速な乾燥の必要性を見失うことはありません。
  • すべての犬が最初の服を受け入れるわけではないことを知っておく必要があります。 これらの場合、私たちができる最善のことはそれを強制することではありませんが、常にリラックスした方法で家に置くことで徐々にそれを衣服に慣れさせます。それはあなたがそれを受け入れ、それを外に持ち出すまで延長されます。
  • これらのレイヤーまたはレインコートの一部にはフードがありますが、すべての動物がフードを受け入れるわけではありません。
  • 最後に、私たちの目標は、日光から保護することを目的とする暖かい月に最も軽いもの、水を防ぐための防水布、寒さから犬を保護するために厚い布を選ぶことです。

繰り返しになりますが、Telepienso.net製品の品質に焦点を当てています。ここでは、大型犬用の服、小型犬用の服、中型犬用の服、およびあらゆる種類のアクセサリーやその他の製品を見つけることができます。 Telepienso.netは、犬、猫、外来動物向けのアクセサリー、食品、あらゆる種類の製品の大手ブランドの輸入業者です。

生まれたばかりの犬を保護する方法は?

犬には特定の状況で衣服が必要であることがわかりましたが、それが新生児の子犬である場合、熱を提供する他の選択肢があります。 人生の最初の数週間、犬は体温を調節することができないため、デブリが発生した場合、犬すぐに命を危険にさらすような値にまで冷却されます。

したがって、子犬に最適な服は母親です。 これが欠落している場合、新聞、タオル、石鹸を段ボール箱に入れて、常にドラフトから離れて、最小限の操作で、おもちゃではないので、 小さくて暖かいスペースを提供する必要があります。

また、孤立した子犬の世話をしている場合は、この他の記事を参照して、正しく餌を与える方法を知ることをお勧めします:「新生児の子犬に餌をやる方法」。

「犬には服が必要ですか?」に類似した記事をもっと読みたい場合は 、基本ケアセクションに入ることをお勧めします。

推奨されます

人間の年の犬の年齢
2019
エコテクノロジー
2019
フラミンゴはスペインのどこに住んでいますか?
2019