ドローン、自然を守る良い仲間

ドローン 、さまざまなサイズと形状の無人航空機は、軍用、民間用、玩具として世界中で使用されています。 環境分野では、環境を維持したり、環境を復元したりするために、その可能性が計り知れません。

それらは非倫理的な目的に使用することができますが、真実は、それらが1000の方法で環境を保護するのに非常に有用であり、より広いアプローチから、地球を救うのに役立つ大きな可能性があると言えます。

スペインでは、大部分の国と同様に、商業利用は非常に新しい問題であるため禁止されており、これらの航空機器が外部にある可能性があるため、多くの法的問題を解決する必要がありますすべての疑い。 それでも、今後の規制が予想されます。

環境モニタリング

ドローンの使用は、絶滅危ed種の動物や植物の位置を特定し、その繁殖場所を特定するのを助けることで生物多様性保護するのに役立ちます。生態系のさまざまな特性。

同様に、火山活動や森林火災の監視にも効果的です。 コンパス、ジャイロスコープ、高解像度カメラ、高度計、センサー、リアルタイム通信システムなどの電子機器を介して最先端技術を提供するツールがあり、リモート制御または自律的に動作できます。

農業は、 有機農業を含む、より多くの用途が見出されている部門の1つであり、 効率を上げることができます

用途は非常に広いものの、疾病管理、水使用の改善、または特定の場所での肥料と農薬の必要性のおかげで、資源を節約する精密農業を達成するためにより高い効率を求める多くの用途があります

これにより、これらの非常に毒性の高い化合物の使用を減らすことができ、一方、ドローン自体は、これらの農薬や肥料を適用したり、栽培や雑草を除去したりすることができます

森林破壊に対する同盟国

これと同じ目的で、ドローンは精密林業を可能にします。 オックスフォード大学のエンジニアであるローレンフレッチャープロジェクトと彼のチームは、大規模な植林で森林破壊を終わらせるドローンを設計する予定です。

また、大気汚染の測定、森林の監視、森林破壊地域の検出、海岸および自然災害または人為的災害を被る可能性のある危険地帯の監視にも役立ちます。

また、無人偵察機は、森林火災の検出、火災の焦点の特定、およびできるだけ早くその消火を支援するのに非常に効果的です。 基本的に、24時間キャプチャされた画像はコントロールセンターに送られ、そこで常にリアルタイムの監視が行われます。

密猟に対する同盟国

ドローンはまた、密猟者がしばしば侵害する自然 保護区を監視して、攻撃を防止したり記録したりして法的措置を講じ、抑止効果を達成するためにも使用されます。

ドローンはさまざまなエリアを飛行し、内蔵カメラのおかげでハンターの検出に役立ち、夜間でも写真やビデオを撮影することができます。また、これらを運ぶいくつかのラベルのおかげで動物の位置を検出することができますドローンがリアルタイムでそれらを撮影できるようにするラジオ。

現在、他の用途( ハンターも獲物を検出するためにそれらを使用しています)の中で、アフリカ、特にナミビアの国立公園でのサイとゾウの恐ろしい虐殺を阻止するために使用されています。

セクション1の画像

ドローン、自然を保護する良い同盟国に似た記事をもっと読みたい場合は、エコロジカルテクノロジーのカテゴリに入ることをお勧めします。

推奨されます

Sargassumとは
2019
猫の言語とコミュニケーション
2019
ハッピーヨガ
2019