パインウッドの特徴

パイン材は大工仕事で最も使用されるものの1つであるため、複数の用途があります。 通常、家具、内装または外装の構造、厚板、装飾用ベニアの製造に使用されます。 起源に応じて、松のさまざまな品種が区別されます。 野生の松は板や板に多く見られ、ラジアータ松は長短木、ガリシア松は型枠によく見られます。 松の木の特徴は以下のとおりです。

松の木はどうですか

針葉樹であるため、この素材の家具や床はあまり耐久性がないと考えられています。 ただし、この天然素材は構造に不可欠であるか、寄木細工の下に置かれています(ラストレレス)。 木材は、温度と湿度の条件に応じて伸縮する素材です。 それが壊れる危険がある理由です。

また、これらの木材の最も一般的な欠陥の1つはノットであり、これは主に木材の割れまたは変形の原因であるため、これらを除去してこれらの形成を持たないいくつかのピースを結合することが推奨される場合もあります。

一方、彼らは真菌や他の木食性昆虫に対してより敏感です。 この問題を解決するには、効果的で屋外環境での使用を可能にする治療が必要です。 ただし、松林を保護製品で処理する前に、継続的に天候に直接さらされる場合は、松材を使用することはお勧めしません。

パイン材の特性に類似した記事をもっと読みたい場合は、カテゴリ「その他の生態」に入ることをお勧めします。

推奨されます

犬と猫用のチップ
2019
子犬の犬のケア
2019
犬のS癬-症状と治療
2019