カイグアの栽培方法

カイグア地面横たわっ成長する植物で、ラスターベアリング植物として知られています。 巻きひげと呼ばれるフックがあり、それを介して木、植物、棒などにくっついて登ることができます。 高さは3〜5メートルに達することがありますが、これは開発のために達成する条件、特に栄養と環境の条件によって異なります。

カイグア栽培

カイグアを成長させるための基本的なヒントを次に示します。

  • 土壌 :土壌はゆるく、20〜40センチメートルの深さの非常によく準備されている必要があります。 基質は堆肥やミミズ腐植などの良質な肥料の混合物で、常に十分な量でなければなりません。
  • 温度 :温暖な気候よりも寒い気候を好むため、その開発に最適な条件を達成します。 理想的には、14〜22ºCの温度にすることができます。
  • 灌漑 :栽培のすべての段階で大量の水が必要ですが、腐敗する可能性があるため、常に茎基部との接触を防ぎます。 ご覧のとおり、水は常に濡れている必要があります。
  • 収穫 :植え付けから約3か月後に始まり、通常、標本ごとに8〜20個の果物を生産します。この量は、成長した条件によって異なります。 果物の量は、そのサイズにも依存します。果物が小さいほど、より多くの栄養素が発達するため、より多くなるからです。 茎の損傷を避けるためにハサミで収穫する必要があります。

カイグアの特徴

それはとげがあり、ミツバチやスズメバチなどの昆虫や風によって授粉される女性の花から生まれた緑色の果物を持っています。

花粉は雄花から得られ、雄花は一緒に成長し、雌花を囲みます。

カイガの栽培方法に類似した記事をもっと読みたい場合は、屋外植物のカテゴリに入ることをお勧めします。

推奨されます

草本植物:特徴と例
2019
ダイヤモンドとカナリアは一緒に住むことができますか?
2019
ドローン、自然を守る良い仲間
2019